★寒さや乾燥に負けない状態にすることが秋からの元気のポイント!

TOPIX  朝晩の寒さで、気がつくと喉が痛くて、風邪っぽい。秋の寒さや空気の乾燥は、皮膚やのど・鼻の粘膜(漢方の「肺」)にはつらいもの。

 粘膜が弱ると、風邪や感染症など、病気にかかりやすくなります。
しっかり強化して、風邪や感染症を未然に防ぐのが、秋からの元気のポイント。

 漢方の抗生物質と呼ばれる「板藍根」は、これからの風邪や感染症対策に大活躍!誰でものめるお茶とのど飴を活用して、インフルエンザや風邪から身体を守ろう。

◆関連リンク
季節のトラブル >> 秋 >> 秋のカゼ


2019年10月21日

★ホルミシスシリーズに新しい仲間が加わりました!

 クォンタムヒーリング(太陽光と同じ量子)のアイテムが店頭に入りました!
人類は、太古の時代から、太陽光線を、無意識のうちに健康法としてきました。
クォンタムシリーズは、太陽光と同じ量子(クォンタム)エネルギーを放射。
パワフルな可視光線の波長に体が共振共鳴し、その波長に調整することで生命力を取り戻します!
体験したことのない癒しと活力アップ効果をお試しください。

 【光線のおもなはたらき】
※遺伝子修復酵素に働きかけ、遺伝子を修復
※光回復によりDNAの修復と寿命をのばす
※ホルモンやファイトケミカルの合成
※骨をつくるのに必要なビタミンDをつくる

 当店で扱うヒーリング社岩盤製品は、バドガシュタイン鉱石で採れた貴重なラジウム鉱石(バドガシュタイン鉱石)を
使っています。興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

TOPIX1 TOPIX2 TOPIX3









2019年11月07日

★おすすめ漢方!【イスクラ衛益顆粒S [えいえきかりゅうえす](第2類医薬品)】

衛益顆粒(第2類医薬品)  体を病気から守り季節の変わり目にも体調を崩さないためには、
「衛気」(バリア力)がしっかり機能することが大切。

 衛益顆粒は、バリア力の強化に役立ちます。すぐのどが痛くなる・
風邪をひきやすくなかなか治らない・鼻水がよくでる・温度差や冷たい風に弱い・
疲れやすい・胃腸が弱い方にぴったりのお薬です。
お子さんでものめる、くせがなくて甘い漢方。

 【衛益顆粒(第2類医薬品)】 90包 ¥8,800(税込)

2019年10月21日

★おすすめ漢方!【板藍茶 [ばんらんちゃ](健康食品)】

板藍茶(健康食品)  風邪は万病のもと、ひかないよう予防できるのが一番!
漢方の抗生物質といわれる板藍根は、抗菌・抗ウイルス作用があり、
中国では、冬になると、どこの家庭でも、お茶として活用されています。

 板藍茶は飲みやすく粉末状にしたもの。そのまままたはお湯に溶かしておのみください。
板藍のど飴は、なめやすく、外出や咳がでるときにおすすめです。

 【板藍茶(健康食品)】 120包 ¥7,128(税込)





2019年10月21日


  • マスコミ掲載

    Q ひどい冷え性で、特に冬は生理も遅れがち。妊活にも良くない? A 冷えや生理の遅れなど、寒い時期におきがちな不調にはお腹や下半身を

    漢方相談室 Vol.89 2019年12月号

  •  疲れやすく、疲れるとめまい・頭痛・動悸がつらかったです。 耳鼻科や内科でも診てもらいましたが特に問題はないといわれ、どう対応したらよい

    つらいめまい・動悸・頭痛が改善しました!

  • マスコミ掲載

    Q 最近、季節の変わり目にめまいや緊張感がおきるように。これも更年期? A 年齢とともに、自律神経の失調がおきやすくなります。漢方で対策できますよ。

    漢方相談室 Vol.88 2019年10月号

お客様の喜びの声