★梅雨のじめじめ、毎年調子が悪くて・・

TOPIX 梅雨が近づくと体が重い、なんとなくだるくてやる気がでない・・・
毎年のことだけど気持ちも体もどんより、もう少し元気に過ごせたら。
漢方では、湿度が高い時期の不調は「湿邪」が関係していると考えます。

 「湿邪」の特徴は、胃腸に影響がでて、食欲不振や胃もたれ・下痢などがおきやすい、体や皮膚に水分が多くなり、むくみ・重だるさ・皮膚のジュクジュク・痒みなどがおきやすい、その他、頭にものをかぶったように重くなったり、関節や肩などに痛みやだるさがおきる、めまいやふらつきなど・・

 梅雨は、体の中も上手に除湿して、快適にすごそう!



◆関連リンク
季節のトラブル >> 初夏 >> 梅雨の頭痛


2017年06月07日

★おすすめ漢方!【勝湿顆粒(第2類医薬品)】

勝湿顆粒(第2類) 香りの生薬が入って胃腸や体内の余分な湿をのぞいてくれます。
胃腸の湿がなくなると、胃の不快感がなくなり、食べ物がおいしく感じ、お通じも正常に。

 体の湿がなくなると、重だるさが軽減して、頭や下半身もすっきりと。

 抗菌作用も期待できるので、夏の旅行、おでかけにも携帯すると安心ですよ。

 【勝湿顆粒(第2類医薬品)】 90包 ¥9,439 (税込)



2017年06月07日

★おすすめ漢方!【晶三仙(健康食品)】

晶三仙(健康食品) 漢方だけの消化を助けるサプリです。食べたものをきちんと消化して「脾」(胃腸)を元気に保つことは、体のためにとても大切。

 特に、初夏(梅雨)は「脾」(胃腸)を傷つけやすい時期で注意が必要です。

 油っぽいもの・お肉などをつい食べ過ぎてしまう、お酒を飲む機会が多い・夜遅くに食事をとる方・食後胃がもたれる方に。甘酸っぱくてのみやすい味です。

 【晶三仙(健康食品)】 60包 ¥5,076 (税込)




2017年06月07日


お客様の喜びの声