多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)

 卵胞が充分に育たないため、卵巣の中で未発育の卵胞がネックレスの様につながっているのがPCOSです。したがって排卵障害や、生理不順、基礎体温が二相にわかれないなどの現象がおきてきます。原因ははっきりしませんが、LH分泌過剰、LH(黄体形成ホルモン)/FSH(卵胞刺激ホルモン)比が大きい、テストステロン(男性ホルモン)が多い、などが関与しているといわれています。

 症状は、生理不順(遅れてなかなか来ない、基礎体温が二相に分かれない、無排卵月経)、多毛(テストステロン値が高い場合)、にきび、肥満などですが、生理不順以外は特にない場合もあります。

 中医学では、PCOSを、おもに「痰湿」(代謝しきれない病理的な水分の滞り)や、「瘀血」(血行不良の結果の停滞した血)と考えます。また、その過程には、ホルモンの分泌が正常でなく卵胞が育ちにくいという視床下部ー脳下垂体ー卵巣系の異常の「腎虚」が考えられます。併せて、ストレス・イライラ・生理前の胸のハリなど「気滞」が強いこともあります。この場合、高プロラクチン血症の傾向を伴う場合もよくあります。

 無排卵、生理不順、肥満傾向、多毛、にきびなどがおきやすい。 hMG-hCG療法などでは、小さな卵胞が一斉に反応してしまい卵巣過剰刺激症候群(OHSS)がおきる可能性も。 「痰湿」や「瘀血」を増やす脂っぽい高カロリーの食べ物、動物性のもの、甘いもの、お菓子などはとり過ぎないようにすて太り過ぎないようにすることも大切です。

 漢方では「化痰利湿薬」や「活血薬」を中心に利用します。体質に応じて「補腎薬」や「理気薬」を組み合わせたり、周期調節法も効果的です。