中国漢方で妊活応援!!【月刊おりっぷ2020年3月号掲載】

周期調節法なら、生理周期にあわせて漢方を飲み分けるから体調の変化がすぐわかる。
生理の調子や体温が整いやすく、妊娠力アップに役立<てることができます。 さらに、体質を考慮することによって、あなたにぴったりの飲み方で服用できます。 自然のものだから病院の治療とも併用して。試飲もできますよ。  

高プロラクチン血症

 
授乳中に分泌されるプロラクチンというホルモンが、産後でもないのに多く分泌してしまうと、卵胞の成長や排卵を邪魔することがあり、妊活の妨げになります。中医学では、卵巣機能を助ける薬を活用しながら、断乳にも使われる炒麦芽を服用します。高プロラクチン血症だと、生理前の胸の張りが強く、乳汁がでることも。
基礎体温は、変動が大きく、周期も一定しないことが多い。


月刊おりっぷ2020年3月号掲載

記事をクリックするとPDFで読めます。

Get Adobe Acrobat Reader